結婚指輪に使われるプラチナについて

結婚指輪は、プラチナや金で作られることが多いですが、特にプラチナは、結婚・婚約指輪に使われる素材として人気です。

結婚指輪を選ぶ際の参考になればと、今回、プラチナについて少しお伝えしたいと思います。

プラチナには、「プラチナ999」「プラチナ950」「プラチナ900」「プラチナ850」があります。 

表示としてプラチナ950は、指輪の内側に「Pt950」と刻印されます。

950という数字の意味は?

「プラチナ950」は、純度95%のプラチナのこと。

(純プラチナは柔らかいので、残り5%に別の金属を加え、固くして使用します)       

日本では「プラチナ900」と「プラチナ950」の結婚指輪が多いです。

海外では「プラチナ950」が主流です。

(国内では、プラチナ850以上であれば、プラチナとして認められています。国際基準だと、プラチナ950以上でなければ、プラチナとして認められないので、海外ではプラチナ950が使われています。)

現在、工房Ryoでは、純度の高い「プラチナ950」(ハードプラチナ)で結婚指輪をお作りしています。

(ハードプラチナとは、強度が上がる金属を加え、純度を上げても硬さを保つようにしたもの。)

プラチナは、化学的に安定性の高い貴金属です。

例えば、加工の際、火を入れても変色しません。ちなみに金は変色します。

また、プラチナは、1トンの鉱石から約3gしか採れないそうです。貴重ですよね。

希少性のあるプラチナは、ずっと身につける結婚指輪には適した素材ですね!