18金の結婚指輪について

美しい輝きと、加工のしやすさから、昔は、貨幣や魔よけとしての装飾品として使われていた金。

年月が経ち、今では結婚指輪、ジュエリー用として欠かせない素材になっていますよね。

今回は、結婚指輪によく使われる18金について少し書きますね。

金には「24金」「22金」「18金」「14金」などがあります。

純度を表す単位は、「K24」「K22」「K18」「K14」と表示されます。(結婚指輪などの内側に刻印されています)

24金は純金。純度99.99%。

純金はとても柔らかいです。

結婚指輪として、日本では、18金が多く使われています。

18金は、純金を75%使用したものです。

残りの25%は、他の金属を加え、加えた金属の種類と割合で、硬さや色が変わります。

純度を保ち、加工しやすく、カラーも豊富なのが18金の魅力です!

工房Ryoには、4種類の18金がありますよ。

左から

爽やかなグリーンゴールド

桜色に近いピンクゴールド

鮮やかなイエローゴールド

淡い落ち着きのあるシャンパンゴールドです。

それぞれ、サンプルリングがありますので、色合いや指に着けた印象など確認しながら、お選びいただけます。

18金も結婚指輪として、ずっと身につけられる素材ですよ。