ダイヤモンドについて

男性から女性にプロポーズの際に渡す婚約指輪。

工房Ryoは、どんな婚約指輪があるのだろうかと見に来られます。

婚約指輪のデザインも大事ですが、やはりメインは、ダイヤモンドです。

工房Ryoの婚約指輪の種類は、それほど多くはありませんが、とても質のいい天然ダイヤモンドをおつけしているのでお伝えしますね。

天然ダイヤモンドの品質は「4C」という評価方法で価値の目安となります。

4Cとは、「Cut」カット「Color」カラー「Clatity」クラリティ「Carat」カラットの4つの頭文字Cから「4C」と呼ばれています。

「Cut」カット

ダイヤモンドをより輝かせるため、光の屈折率を緻密に計算されながら施される研磨。

Excellentは最高

Excellent > Very Good > Good > Fair > Poor

「Color」カラー

ダイヤモンドの色。

無色のDから薄い黄色み帯びたZまでランク分けされている。

「Clatity」クラリティ

ダイヤモンドの透明度。

原石に含まれる内包物やキズ、欠けなどの特徴が少ないほどグレードが上がり、価値が高い。

婚約指輪では肉眼でそれらが判別できないSI以上が人気。

FL

10倍の拡大検査で無傷

IF

10倍の拡大検査で表面に微小な外部特徴あり

VVS(1,2)

10倍の拡大検査で発見が困難

VS(1,2)

10倍の拡大検査で目立たない程度の内包物

SI(1,2)

10倍の拡大検査で容易に見つけられる程度。

I(1,2,3)

肉眼で確認できる内包物、キズの存在がある

「Carat」カラット

重さを表す単位。一般的には0.2ct~0.3ctが多い。

工房Ryoでは、上記で述べた青線のついたグレードを選択しておつけしています。

カットは、Excellent(最高)※トリプルエクセレント(3EX)/ハート&キューピッド(H&C)

カラーは、D(無色透明)

クラリティは、VS1

カラットは、0.2ct又は0.3ct

カットにおいては、全体のバランス、研磨の質、対称性の3つすべてがExcellent(最高)の最高位のトリプルエクセレント(3EX)と、特にバランスと対称性の良いダイヤモンドにが現れるハート&キューピッド(H&C)(8つのハートと8つの矢)を選んでます。

ハート&キューピッドは、特殊なスコープで確認できるため、肉眼では見えませんが、鑑定書には画像が記載されています。

鑑定書は、日本でダイヤモンドをもっとも多く鑑定をしている中央宝石研究所(CGL)です。

最高の輝きで品質の良い天然ダイヤモンドを入れた婚約指輪をサイズにあわせ一から作っています。

工房Ryoの婚約指輪が気になる方は、ぜひこちら(婚約指輪一覧)もご覧ください。